在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

 

news

AFF2事務局より 11月30日付更新内容のご案内

AFF2事務局より—-(舞台美術等分野の関係機関より情報を頂戴しております)AFF2審査
11月22日付の申請状況

AFF2概要 文化庁HP

11月30日同PJ情報より
*実績報告に向けて、皆様からこれまでお問い合わせ等でいただいたご意見を反映し、FAQを改訂いたしました。最新版は下記リンクよりご確認をお願いいたします。

◎FAQ
(1)実績報告に関するご質問を中心に、多くいただいたご質問をNo.273?288に追加いたしました。
(2)「実績報告」カテゴリを新設し、実績報告に関するご質問を261行目から290行目にまとめました。
(3)多くいただいたご意見を元に、既存の質問の内容を追記・修正いたしました。
また概算払いを受けた団体の実績報告時の留意事項がAFF2事務局より個別にメールで届いていますので、報告書提出前に必ず確認するようお気をつけ下さい。
よくあるご質問 https://aff2.bunka.go.jp/faq/ 

状況221122

六葉会展 2022.11.28Mon~12.3Sat  ぎゃらりい サムホール

岡田忠明 2002年/美術・洋画   他

DOMANI・明日展2022-23 2022.11.19sat-2023.1.29sun 国立新美術館 企画展示室2E


文化庁 文化庁委託事業
「令和4年度次世代の文化を創造する新進芸術家育成事業」

第九回日展 2022年11月4日(金)ー11月27日(日)/国立新美術館

中井貞次 1974年/美術・工芸
中井貞次様が文化功労章ご受章!をご受章されました。おめでとうございます。
在研会として、心より祝福の意を申し上げます。

中井貞次(なかい・ていじ)染織家。
自然の持つ形態や空間を大胆な画面構成で意匠化した作風で、絵画的な染めの作品を展開する。90歳。

谷貝文恵展 2022/11/7(月)~11/12(土) 東京・銀座 ぎゃらり サムホール


谷貝文恵 2004年/美術・洋画

馬越陽子様「旭日中綬章」のご受章!

馬越陽子 様 (1972年/美術・洋画)

2022年秋の叙勲に対し、「旭日中綬章」をご受章されました。おめでとうございます。
在研会として、心より祝福の意を申し上げます。(朝日新聞朝刊P33掲載, 2022.11.3)

 

› 続きを読む