在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

     

 

news

文化庁「ARTS for the future!」募集要項の変更更新のご案内(更新6/11)

文化庁ARTS for the future!事業の募集要項が変更更新されています。以下、事務局のページからご確認ください。https://aff.bunka.go.jp/about/

補助事業の実施期間は、交付決定から2021年12月31日までとなります。
ただし、2021年の緊急事態宣言下における活動を支援するために、緊急事態宣言の発令日(2021年1月8日)まで遡りを認めます。・1次募集
募集期間:2021年4月26日(月)~2021年5月31日(月)
交付決定(予定)5月中旬~7月下旬
※2次募集を6月末から開始するとしておりましたが、今後の対応については、上記の1次募集の審査の状況を踏まえて改めてご案内させていただきます。

これに伴い、5月24日(月)締め切りの1次募集は5月31日(月)に延長。主な改定、新たな情報は以下です。
・ARTS for the future! 事業(キャンセル料支援)の補助対象経費に固定費が追加
・ARTS for the future! 事業(キャンセル料支援)の支援上限を1団体当たりではなく1公演当たり2,500万円に
・問い合わせメールアドレスの追記:question@aff.bunka.go.jp

・補助対象経費に「チケット販売関係費」追加
・今後、国の緊急事態宣言の発出等を受けてキャンセルとなった場合の対応を記載
・2次募集の期間発表:6月30日(水)~7月26日(月)予定(6/11時点で未定)
詳細は、「募集要項」新旧対比表をご覧ください。
https://aff.bunka.go.jp/uploads/AFF_shinkyu_20210521.pdf

第一次募集の受付状況
申請件数   5,368件

交付決定件数  368件(2021年6月11日時点)
確認中    5,000件(2021年6月11日時点)
*交付決定件数は、約7%弱(6月11日時点)のようです。

◆「ARTS for the future!」事業を中心としたオンライン説明会の動画公開
文化庁・経済産業省による「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の支援事業について『ARTS for the future!事業』を中心とした説明会」の動画公開
当日説明資料(PDF)も公開されています。
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=wJt5oloEKuQ
【資料】https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20210326_01.html

*4/28オンライン説明会【登壇者】
文化庁長官 都倉俊一 氏
(予定)経済産業省審議官(商務情報政策局担当) 三浦章豪 氏
文化庁参事官(芸術文化担当) 梶山正司 氏
経済産業省商務情報政策局コンテンツ産業課長 高木美香 氏
【主催】文化庁、経済産業省
【説明会協力】芸団協、文化芸術推進フォーラム

経済産業省による支援情報「月次支援金」】6月16日~申請受付開始(4・5月分~)

経済産業省による支援情報

中小法人・個人事業者のための「月次支援金」「文化・娯楽関連の事業者」も対象です。
収入減少に対して、個人事業主等は月10万円、中小法人等は月20万円を上限に給付されるものです。
【経済産業省 新型コロナウイルス感染症関連「月次支援金」】6月16日~申請受付開始(4・5月分~)
https://www.meti.go.jp/covid-19/getsuji_shien/index.html

『Future Willing 2020 安喜万佐子 Chaos from Order, Order from Chaos』の再販について

『安喜万佐子 Chaos from Order, Order from Chaos』『Future Willing 2020 安喜万佐子 Chaos from Order, Order from Chaos』の再販について

今年春に刊行いたしました『Future Willing 2020 安喜万佐子 Chaos from Order, Order from Chaos』の第1版は好評につき完売いたしました。国内外を問わず、多方面よりご興味をお持ちいただきましたこと心よりお礼申し上げます。つきましては、引き続き第2版を増刷することとなりました。7月はじめに販売を再開いたします。
ただいまご予約を受け付けておりますので info@art16.net までお問い合わせください。2021.6.2

ENGLISH Page

Future Willing 2020
安喜万佐子 Chaos from Order, Order from Chaos
■発行: Future Willing Project (企画:塩田京子(ギャラリー16))
■協力:京都場
■内容:
2020 年秋に開催された安喜万佐子「Chaos from Order 〈時の庫〉」(京都場)・「Order from Chaos〈明日の地層〉」(ギャラリー16)の展覧会を核とし、美術専門家、ジャーナリスト4名により寄稿された執筆文、ならびに安喜万佐子の活動歴や自筆文献等を集録。日本語版と英語版の2冊1組として刊行いたします。【日本語版・英語版2冊組:共にA5サイズ|106ページ|カラー・モノクロ版】
▶執筆者一覧(掲載順):
河村 亮(京都新聞社滋賀北部総局)
木下長宏(芸術思想史)
仲野泰生(キュレーター・京都場館長)
篠原資明(高松市美術館館長)
▶ご購入はこちらへお問い合わせください。
info@art16.net

文化庁様より、令和3年度採択研修員(長期/ 短期・前期)様の案内(2021年6月4日速報)

文化庁のHPに令和3年度に採択された研修員(長期と短期・前期)の一覧が6月4日に文化庁HPに手公開されました。
ご報告申し上げます。https://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kenshu/

尚、在研通信2021年春号の発行後、沢山の研修生OBの皆様から、会費への篤志ご納付を賜り、厚く心より御礼申し上げます。改めまして、新旧の海外研修員様みなさまの交流の場が生まれる事を祈念し、ご意見や音信などを受け賜ります。緊急事態宣言下がまだ続いておりますが、ご健康第一に、是非にご活動等をお寄せくださいませ。

E-mail: info@zaikenkai.org
FAX:03-6256-9720  宛

文化庁長官 都倉俊一氏よりのメッセージ

文化庁長官 都倉俊一氏よりのメッセージ が、文化庁HPにてご紹介されていますので、ぜひご参照ください。

文化芸術に関わる全ての皆様へ | 文化庁 (bunka.go.jp)

夏期舞踊大学講座2021/2021.7/3(名古屋)2021.8/29(東京):現代舞踊協会さまより

 

現代舞踊協会 夏季舞踊大学講座 <新シリーズ>
 現代舞踊の名作を実技と講話の両面から学び、<今>の私たちの創造性と身体をみがく

◎プログラム
1.開講式
2.「裸足のカノン」ワークショップ
3.DVD鑑賞と実話に基づく現代舞踊史講話
4.閉講講

◎講師:藤田恭子氏(舞踊家:一般社団法人 石井みどり・折田克子舞踊研究所所属)
*折田克子氏(1937~2018) 1968年研修員/舞踊・現代舞踊

◎会場と日時:名古屋:7/3(土)15:00~18:30
東京:8/29(日)10:30~17:30
*申込方法等、詳しくはチラシをご覧ください。
*企画・制作 一般社団法人現代舞踊協会 研究部
(ARTS for the future 申請予定)

 

› 続きを読む