在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

news

春の会展 Part Ⅲ 2024年5月13日(月)~18日(土) ぎゃらりーサムホール(東京・銀座)谷貝文恵他

谷貝文恵 2004年/美術・洋画

井上明彦  水たまり 2024年3/27(水)-4/13(土) +1 art カワラギ(大阪市中央区谷町六丁目)

井上明彦 2006年/美術・現代美術

第16回「個の屺立展」2024.4.1mon~6sat ギャラリー暁 多田洋子 他

 多田洋子 2008年/美術・現代美術

第83回 創元展 2024年4月3日(水)~15日(月)国立新美術館 1階展示室 谷貝文恵 

谷貝文恵 2004年/美術・洋画

大正パンデミック~喜劇 猛威を振るう~ 大田創 4月20日(土)~29日(月・祝) 恵比寿・エコー劇場

 大田創 1982年/舞台美術等・舞台美術

東京アニメアワードフェステイバル2024 2024.3.8(金)~11(日) 

竹内孝次 2013年/メディア芸術・アニメーション
在研通信2024年春号ご寄稿(詳しくは同通信にて)
東京アニメアワードフェスティバル2024 (animefestival.jp)

会期:2024年3月8日~11日
会場:
東京・池袋各会場
Mixalive TOKYO B2F Hall Mixa
オトメイトビル6F オトメイトスクエア 
     *トーク&トーク(竹内孝次/東京アニメアワードフェステイバル・ディレクター)
池袋シネマ・ロサ
としま区民センター
8F 多目的ホール

 

› 続きを読む