在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

     

 

news

杉山幸代 東京文化会館 ウエルビ-イング のご案内

杉山幸代 2007年/音楽アートマネジメント

2019年より東京文化会館の包摂・連携担当係長として着任し、在外研修員として英国で学んだことをようやく日本の現場で具現化できるようになりました。
https://www.t-bunka.jp/about/on_stage.html

また、コロナ禍ではありますが、在外研修時代から着想していた公演も実現することができました。
https://www.t-bunka.jp/stage/4766/

コロナ禍はアート界に甚大な影響を及ぼしておりますが、このような非常時においてこそ、公立文化施設は社会の文化的灯台でありつづける必要があること、安心安全な環境で、あらゆる人がアートにアクセスできる場や方法を提供し続けること、そして、アートを支える全てのプロフェッショナルたちの職を生み出し続けることの重要性と、その社会的使命の重さに改めて気がつきました。アートで人々のウェルビーイングを促進し、人々の心身の幸福度を増幅するためになにができるのかこれからも在外研修員の名に恥じないように精進してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

文化庁第3次補正予算「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業」説明会より

この度、コロナ対策として本年1 月に成立した第3 次補正予算について、文化庁を招いての説明会が開催され、文化芸術関係団体への支援事業(ARTS for the future! 250 億円)やアートキャラバン事業(70 億円)などのご説明がありました。
■文化庁による第3次補正予算に関する説明会 (日時:3 月30 日(⽕)16:00〜18:00/ 於芸団協)
詳細については「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業」PDFをぜひご参照ください。

入江明日香展 夢と現のあわいに戯れて 3月11日(木)-21日(日)本館6階和光ホール

 

入江明日香 2012年/美術・銅版画
入江明日香さんによる和光では初めて個展を開催。ギャラリートーク
3月13日(土)14日(日)20日(土):各日14時~お席の予約を承ります。
和光ホール 美術部:03-3562-2111(代表)

安喜万佐子展記録冊子『Future Willing 2020 安喜万佐子 ‘Chaos from Order, Order  from Chaos’』
安喜万佐子 2014年/美術・絵画

安喜万佐子展記録冊子『Future Willing 2020 安喜万佐子 ‘Chaos from Order, Order  from Chaos’
世界中の美術館やギャラリーで作品鑑賞の制約が続いている状況を受け、
2020年安喜万佐子展の肌触りをお伝えすべく、学芸員やジャーナリストの言葉を集録した記録冊子が、
日本語版・英語版で刊行されます。
企画・発行塩田京子 (ギャラリー 16)  https://www.art16.net  問い合わせ先: info@art16.net
*在研通信2021年・春号にて 『Future Willing 2020…』→の2000が誤記でございました。
深くお詫び申し上げます。
東京アニメアワードフェステイバル2021 2021.3.12(fri)~15(Mon)

竹内孝次 2013年/メディア芸術・アニメーション

TOKYO ANIME AWARD FESTIVAL 2021
会期:2021年3月12日(金)~15(月)
会場:池袋地域の映画館、豊島区庁舎他
(チラシ表の下欄ご参照)
主催:東京アニメアワードフェステイバル実行委員会、
一般社団法人日本動画協会/
共済:東京都/特別共催:豊島区
*東京アニメアワードフェスティバルとは、クリエイター、アニメーション関係者、ファンが一体となる日本を代表する国際アニメーション映画祭です。

 

在研通信2021年・春号の発刊のご案内 2021年2月25日

在研会会員及び、海外研修員のみなさまへ。

コロナ禍、大変な経験を皆様この1年体験されていることと存じます。
在研会の年2回の在研通信の発行に際し、在研生(海外研修員様)との音信を続けております。
この度、大変な中でご協力くださいました研修生の方々より、2020年から現在のご活動について、
貴重なご寄稿を掲載させていただいております。
1年余り続いている地球上のコロナ禍に於いて、身の引き締まる体験を共有できますこと、真摯に受け留めております。
住所ご登録研修生様へは、近々にお手元へ届く予定です。宜しくお願いいたします。

在研会理事長(小川幹雄)
*表紙の水仙の写真は、皇居「北の丸」清水門の内堀で、初春に咲く水仙とその周りの土手を撮影しました。
コロナ禍中でも、生物の命は、土のなかから気丈に芽吹いています。(事務局)

› 続きを読む