在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

    →「芸術文化」→「世界に羽ばたく新進芸術家等の人材育成」→令和2年度募集要項 御確認

    令和2年度度新進芸術家海外研修制度(長期研修)募集中⇒

    書類提出締切日:令和元年8月2日(金)消印有効
    http://www.zaikenbunka.go.jp/

news

NEO SYMPHONIC JAZZ 芸劇2019.8.30(金)狭間美帆

   

狭間美帆 2011年/音楽・作曲
ーネオ・シンフォニックジャズ2019/構成・作編曲ー
開演:2019年8月30日(金)19時~
会場:東京芸術劇場コンサートホール

舞台技術者のための横断的総合研修 2019年8月26日~27日

 
舞台技術者のための横断的総合研修「中級」開催!受講者を募集しています。
(東京会場)8/26(月)~8月27日(火)/10:30~17:50(27日16:10迄)
*芸能花伝舎(地下鉄丸の内線・西新宿駅より徒歩5分)
*申込み先:一般社団法人 舞台技術者連合事務局/bgr.jim@gmai.com/080-8816-5803
講師:西川信廣/1986年 舞台美術等・演出、草加叔也/1989年 舞台美術等・舞台美術、
服部基/1994年 舞台美術等・舞台照明、平井徹/2015年 舞台美術等・舞台監督、他
(連合会長:沢田祐二/1969年 舞台美術等・舞台照明、連合監事:小川幹雄/1985年 舞台美術等・舞台監督、連合事務局長 立田雄士/2001年 舞台美術等・舞台照明)

柳澤紀子展 2019年9月9日(月)-21日(土)養清堂画廊

  
柳澤紀子 1992年 美術/版画
会期:2019年9月9日(月)~21日(土)11:00~19:00
会場:養清堂画廊(東京都中央区銀座5-5-15)03ー3571-1312
*対談:9月14日(土)15:00~16:30「イカロスの詩(うた)-失墜と飛翔と」
徐京植氏(作家・東京経済大学図書館長)×柳澤紀子氏

石井亨 ”KYOTO ART FAIR” 7 Sepetmber- 9 September 2019

石井亨 2015年/美術・工芸
この度、私の新作がロンドンのヴィクトリアアンドアルバート美術館(V&A)のコレクションになりました。これまで自身の活動に対してご協力いただき、ありがとうございます。
V&Aにおける自身の作品公開は2020年の月以降となります。
作品公開詳細が決まりましたら、ご絡させて頂きます。
[Upcoming Exhibitions]
Group Exhibition
“Perspectives” 4 June-28 July 2019  INTERMEDIATHEQUE
The University Museum, The University of Tokyo Tokyo
“KYOTO ART FAIR” 7 Sepetmber-  9 September 2019 NIJO_JO Kyoto
“ART 021”7 November- 10 November 2019 Shanghai Exhibition Center  Shanghai

 

北川太郎展 -手仕事信仰- 8月3日(土)~9月8日(日)

北川太郎 2007年 美術・彫刻   北川太郎展 手仕事信仰

・開催期間:83()98()
*月曜休館(月曜日が祝日の場合は開館)祝日の翌日(813()開館)
・展示会場:
奈義町現代美術館(岡山県津山市)
・主催:奈義町現代美術館 ・助成:福武教育文化振興財団、岡山県「I氏賞」事業、朝日新聞文化財団、日本美術家連盟

本展では、存在しないものの魅力を引き出す事に着目したシリーズ「静けさ」はじめ、最新作を交えた渾身の作品群を展示。期間中の83()には作家が参加者とお茶を飲みながら活動の様子や作品への思いを語る「ARTIST×CAFE」、11()にはワークショップ「石を使って何が出来るかな?」、31()にはひろせ浩二郎(国立民族学博物館准教授)と体験型鑑賞会「手で見て感じる彫刻の世界」など、作家と直接触れ合えるイベントも開催。大人から子供まで楽しめる内容となっています。

 

令和元年度 新進芸術家海外研修制度研修員説明会のご報告(2019.7.1)

 

2019年7月1日、文化庁参事官(芸術文化担当)付文化創造係主催による、
令和元年度の研修員説明会が文部科学省講堂にて開催されました。
宮田長官殿の研修員へのお言葉から始まり、研修制度の詳細と危機管理サポートのご説明の後、
在研会理事長より、研修生皆様の研修成果をお祈りし、在研会のご紹介と、
今後の研修員同士の交流の場(総会懇親会や通信等)についてご案内いたしました。

近年ご帰国の3名の研修生OBの方々からは、渡航に向けてのアドバイスのお話を賜り、説明会後は、
専門分野別、派遣国(都市)別のグループに分かれて、研修員OBと新研修生との懇談会が行われました。
各々の自己紹介から始まり、在研会からも舞踊・音楽(声楽)・メディア芸術・舞台美術等のOBにご参加いただいて、
計7名のOBを交えて研修生皆様の熱心な質問やアドバイスが飛び交い、時間を延長しての、
熱気あふれる懇談会となりました。
これから来年春に向けて令和元年の研修生が旅立たれることとなります。
今年11月下旬予定の総会懇親会にご出席くださる研修員様と相まみえることを期待しつつ、
在研会としてエールを送りたいと存じます。*在研会へのご入会ご案内についてお問合せよりご用命ください。

› 続きを読む