在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

news

新保甚平展-小松の四季ー2024年8月8日(木)~11日(日)

新保甚平 1998年/美術・洋画 後援名義:「一般社団法人文化庁芸術家在外研修員の会」

東京アニメアワードフェスティバルからのお知らせ

TAAF2025 夏のこどもワークショップ アニメーションをつくろう
人気のストップモーションアニメを作成!アニメーション作りの楽しさを体験しよう!!∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
このワークショップでは、モールを使ってキャラクターを作り、それを動かしてストップモーションアニメーションを作ります。
ストップモーションアニメーションは「コマ撮り」とも言われるアニメーション手法で、人気の『PUI PUI モルカー』や、『こまねこ』『ニャッキ!』などでも使われています。子どもたちが『作る』ことを通し、「生き物の動きを考えること」「自分で表現し、他の人に伝えること」を楽しく学べるワークショップです。

 <概要>
■名称:TAAF2025 夏のこどもワークショップ アニメーションをつくろう
■対象&定員:小学生以上/25名程度
■日時 :8月24日(土)13:00~16:00(受付:12:45~13:00)
■会場 :日本工学院専門学校 蒲田校(東京都大田区西蒲田5-23-22)
■参加費:500円
■抽選申込期間:7月12日(金)12:00~8月4日(日)23:59
※本ワークショップの詳細及びお申込みはコチラ

――――――――――――――――――――――――――――――――――
<東京アニメアワードフェスティバル 2025>
■日 程:2025年3月7日(金)~10日(月)
■会 場:東京・池袋
■主 催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会
■共 催:東京都
■公式HP:https://animefestival.jp/ja/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
発行:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会事務局
E-mail:news@animefestival.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

第46回 十果会 東京展/大阪展/京都展/名古屋展(高島屋美術画廊) 2024年7月3日~8月20日

奥谷博1967年/美術・洋画  今井信吾1976年/美術・洋画 絹谷幸二1977年/美術・洋画
相田幸男1992年/美術・洋画 
瀬川富紀男1992年/美術・洋画 奥谷太一2012年/美術・洋画

ジュハリ サイド・舩坂芳助 木版画2人展 2024/7/5~7/28 後藤昭夫藝術館

舩坂芳助 1976年/美術・版画

東京芸術文化相談サポートセンター「アートノト」 からのご案内

■ハラスメント防止講座■芸術文化の現場で実際の活用につながる研修や、相談対応やガイドラインの作成を想定した実践講座やワークショップ、ハラスメントを起こさない環境づくりのためのストレス・マネジメント、アンコンシャス・バイアスなどの研修を開催します。
【6月~8月開講中】https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/events/66929/

・7/3(水)アンコンシャス・バイアス編 https://harassment-prevention202403.peatix.com/
・7/11(木)ストレス・マネジメント編  https://harassment-prevention202405.peatix.com/
・7/12(金)相談対応編 ワークショップ https://harassment-prevention202402.peatix.com/
・8/6(火)アサーティブ・コミュニケーション編 https://harassment-prevention202404.peatix.com/
※無料|7/12を除きオンライン、18:30開講

■キャパシティビルディング講座■
芸術文化と社会の関係性を広い視座でとらえ、受講生が取り組む課題解決や新たな価値創造、達成に必要な思考力やスキルを多面的に磨く連続講座です。 これまでに100名近い修了生が芸術文化の様々な現場で現在活躍しています。
【8月~2025年2月開講】今年度の講座の詳細・応募方法はこちら⇒https://artnoto.jp/learning/2224/
※無料|公募選考制(16名程度)|応募申込は7/8(月)17:00まで

■アクセシビリティ講座■アクセシビリティの基礎知識や鑑賞サポートのさまざまな取組の紹介に加え、映画館や劇場・ホール、ミュージアム・アートスペースにおける鑑賞サポートの実践者と多様な鑑賞者を講師やゲストに迎え、具体的な工夫や実践手法について解説・紹介します。
【6/27(木)~10月開講】 https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/events/66999/
・6/27(木)基礎知識:アクセシビリティを知る https://accessibility202401.peatix.com/
・7/25(木)鑑賞サポート:映画館・映像上映編 https://accessibility202402.peatix.com/
・8/22(木)鑑賞サポート:舞台芸術編 https://accessibility202403.peatix.com/
・9/19(木)鑑賞サポート:ミュージアム・アートスペース編 https://accessibility202404.peatix.com/
・10/3(木)トークイベント:芸術文化のアクセシビリティの可能性 https://accessibility202405.peatix.com/

※無料|オンライン|18:30開講 東京芸術文化相談サポートセンター「アートノト」 https://artnoto.jp
【問合せ】公益財団法人東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京活動支援部 相談・サポート課 講座事業係learning@artscouncil-tokyo.jp〒102-0073東京都千代田区九段北4-1-28 九段ファーストプレイス5階電話:03-6256-9237

 

大嶋 彰 展 2024.6/21(Fri.)~28(Fri.) 京王プラザホテル 本館3階/ロビーギャラリー

大嶋彰 1993年 美術・洋画

› 続きを読む