在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

 

news

柳澤紀子 展 動物のことばSilence 2022.5.9(月)-21(土) 養清堂画廊


柳澤紀子 1992年/美術・版画
会期:2022年5月9日(月)~21日(土)
会場:養清堂画廊 (東京都中央区銀座)
5/20(金)16時~17時 対談「ウクライナとロシアの美術家たちの今」*要予約

絹谷幸二 <文化勲章受章・開館5周年記念特別展>2021.12.17~2022.6.27

絹谷幸二 1977年/美術・洋画 AFFRESCO アフレスコ
<文化勲章受章・開館5周年記念特別展>絹谷幸二 天空美術館(大阪市北区梅田)
2021年12月17日(金)~2022年6月27日(月)

栗原峻木 バリトンリサイタル 富山公演:2022.8.19.(金)/東京公演:8.27(土)

栗原峻喜2020年/音楽・バリトン

■富山公演:2022年8月19日(金)
     開演19:00~(開場18:30)
アイザック小杉文化ホール
<ラポールひびきホール>富山県射水市

■東京公演:2022年8月27日(土)
     開演14:00~(開場13:30)
<やなか音楽ホール>東京都台東区

主催:栗原峻希バリトンリサイタル実行委員会
共催(富山公演):射水市

後援:(公財)射水市文化振興財団、東京藝術大学同声会、
一般社団法人 文化庁芸術家在外研修員の会、他。

日下部直起・洋画展ー再生する刻ー 2022年5月11日(水)~17日(火)名古屋栄三越7階特選画廊

 
日下部直起 2004年/美術・油絵
「日下部直起・洋画展ー再生する刻ー」

会期:2022年5月11日(水)~17日(火)
*最終日:午後4時終了
会場:名古屋栄三越7階特選画廊

第42回モダンダンス5月の祭典 2022年5月24日(火)/めぐろパーシモンホール・大ホール

白戸規之 1983年/舞台美術等・舞台監督
江上万絢 2018年/舞踊・現代舞踊 ほか
主催:一般社団法人 現代舞踊協会
開演:18:45(開場:18:00)/料金:2,999円

「ARTS for the Future! 2」募集のご案内 2022年3月28日公開
ARTS for the future! 2 (bunka.go.jp)
AFF2 審査状況
申請件数 交付決定件数 不交付決定件数 取り下げ件数 確認中
4月22日 1,338 8 1 1,329
4月28日 291 10 1,610
5月10日 2,093 26 2,066

FAQが公開されているとの事で添付させていただきます。AFFのホームページでもご確認ください。

◎説明会動画公開のお知らせ →ARTS for the future! 2 の制度全体について解説をしている説明会を収録した動画を公開しました。※募集要項(2022年3月1日 Ver.1.1)を基に説明しています。解説動画のページからご視聴いただけます。https://aff2.bunka.go.jp/movie/

補助の対象者
公演等の主催者である以下の(a)または(b)に該当する法人もしくは任意団体が対象となります。
(a)国内のプロの文化芸術関係団体
(b)国内の文化施設の設置者又は運営者
但し、2020年度の売上高が2019年度比20%以上減少していない営利法人は下記(1)充実支援事業の対象となりません。

対象となる活動
(1)充実支援事業
有料一般公開される公演や展覧会、映画の製作等であって、その更なる充実・発展を図る積極的な取組がなされているもの
(2)キャンセル料支援事業
緊急事態措置やまん延防止等重点措置、水際措置等により延期・中止せざるを得なくなった(1)の公演等

対象となる事業の期間 2022年1月1日から2022年12月31日までに実施される活動
補助対象分野 文化芸術基本法第8条から第12条に定める文化芸術分野とします。

補助金の額
補助金の額は、原則として、1団体あたり補助上限区分に応じて最大600万円~2,500万円となります。
  • 1団体は複数の公演等をまとめて申請できますが、申請して交付決定されるのは1回のみです。
  • 公演等の従事人員数、団体規模等を勘案した補助上限区分(600万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円、2,500万円)があります。

但し、J-LODlive2やJ-LODの支援対象外である任意団体や美術館の企画展等のキャンセル料支援事業については、別枠とし、1公演当たり2,500万円(企画展等については1展覧会当たり2,500万円)を上限とします。(常設展は支援の対象となりません)

補助率
充実支援事業の補助率は、原則として定額補助となります。但し、2021年度(2021年4月から2022年3月)のいずれの月の売上高も前年又は前々年の同月比で30%以上減少していない(月次売上高が前年又は前々年比マイナス30%以上の月が全くない)営利法人は、補助率1/2となります。キャンセル料支援事業については定額補助となります。
※営利法人とは、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、合同会社を指します。

募集期間 2022年3月28日(月)~ 予算消化の目途が立つまでの間、随時募集。

› 続きを読む