在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

 

news

イメージを染めるー中井貞次の世界ー2019年1月18日(金)~2月17日(日)


中井貞次 1974年/美術・工芸

イメージを染める 中井貞次の世界

会期:2019年1月18日(金)~2月17日(日)
午前10時~午後5時
会場:染・清流館
(京都市中京区室町通錦小路上ル山伏町550-1
明倫ビル6階)

絹谷幸二ー色彩とイメージの旅ーA Journey of Color and Imagery 201812.8 ▷20191.27 北海道立近代美術館


絹谷幸二 1977年/美術・洋画

北海道初の大規模展覧会
絹谷芸術の全貌を一挙公開!

会期:2018年12月8日~2019年1月27日
(会館時間:9:30~17:00)
会場:北海道立近代美術館

林武と奥谷博 独立美術協会の歩み 2019年1月10日(木)~24日(木)/日動画廊

 

奥谷博 1967年/美術・洋画
文化勲章に輝く 林武と奥谷博 独立美術協会の歩み
会期:2019年1月10日(木)ー24日(木)
会場:日動画廊(東京都中央区銀座5-3-16)
10時~19時(土・祝11時~18時)
*日曜日休廊

版画史と「私」2018年12月15日(土)~2019年3月3日/美濃加茂市市民ミュージアム

舩坂芳助 1976年/美術・版画
安藤真司 2010年/美術・版画

会場:美濃加茂市市民ミュージアム
(岐阜県美濃加茂市蜂屋町上蜂屋3299ー1)
TEL:0574-28-1110
期間:2018年12/15~2019年3/3
ミュージアムトーク2018年12月16日14時~

レパートリーシアターKAZE第22回凱旋公演 Touch~孤独から愛へ2018年12月23日(日・祝)・24日(月)

   
西垣 耕造 2002年/演劇・俳優アートマネジメント
会場:レパートリーシアターKAZE (中野区東中野1-2-4)
日時:12月23日(日・祝)24日(月)14:00Touch開演
Touch~孤独から愛へ

ダンスカフェ in あうるすぽっと 「コンテンポラリーダンスの可能性」2018.12.15 第5回

安田敬 2006年/舞踊・アートマネジメント(情報誌発行)

ダンスカフェ in あうるすぽっと
「コンテンポラリーダンスの可能性」

第5回:12月15日(19時~)
*詳細はチラシご参照

› 続きを読む