在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

    →「芸術文化」→「世界に羽ばたく新進芸術家等の人材育成」→令和2年度募集要項 御確認

    令和2年度度新進芸術家海外研修制度(長期研修)募集中⇒令和2年度募集は終了しました。

    書類提出締切日:令和元年8月2日(金)消印有効 (受付終了)
    http://www.zaikenbunka.go.jp/

 

news

第11回 稜の会 2020年2月19日(水)→25日(火)日本橋高島屋本館6階 美術画廊

 

久野和洋 1991/美術・絵画
志村節子2006年/美術・絵画 他

東京アニメワードフェステイバル(TAAF)2020年3月13日(金)~16日(月)開催!
竹内孝次 2013年 メディア芸術・アニメーション
東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)フェスティバルディレクター、竹内孝次です。
TAAF2020は、今年も313日(金)〜16日(月)という日程で開催します。
 
その中の一部門であるコンペティション部門を中心に、
アニメーションの現場で働く方々に
是非観て頂きたいプログラムがあります。
 
本年のコンペティション部門には、長編4作品、短編32作品がノミネートされています。
様々な技法を駆使し、豊かな表現で魅了する作品、熱いメッセージが込められた作品と、
どこを観てもご満足頂ける作品群になっていると思います。
●詳細は以下のプログラム一覧ページをご覧ください
 
女流作家6名による銅版画の多様な世界 2020.2.24(mon)~ 2.29(sat)

アミ本智代 2006年/美術・銅版画

会費ご納付の会員様へのお尋ね

在研会事務局からのお訊ねです。
会費ご納付の方で、お名前が判らないお振込みの名義について、お心当たりの方はぜひ、
当事務局へご一報をお願いいたします。
2019年10月28日 1985ビジュツ (三菱UFJ銀行10000円)
2019年10月29日 オンガクブンヤ イシ (三菱UFJ銀行5000円)
2019年12月11日 ガク)キョウトブン (三菱UFJ銀行5000円)

事務局→info@zaikenkai.org まで

明日を担う音楽家による特別演奏会 2020.3/5(木) 19時~東京オペラシティコンサートホール 公演中止

新進芸術家海外研修制度の成果
明日を担う音楽家による特別演奏会
3/5「明日を担う音楽家による特別演奏会」につきましては,
残念ながら公演中止となりました。
東京二期会ホームページよりご確認をお願いいたします。

公演日:2020年3月5日(木)19:00開演(18:30開場)
会場:東京オペラシティコンサートホール
チケット:二期会チケットセンター
TEL:03-3796-1831(全席指定)
出演者:
鈴木玲奈ソプラノ(2015年/独・アーヘン)
竹下裕美ソプラノ(2016年/オーストリア・ウィーン)
金澤桃子メゾソプラノ(2017年/仏・パリ)
藤田彩歌メゾソプラノ(2016年/伊・ミラノ)
山本耕平テノール(2015年/伊・マントヴァ)
深瀬廉バリトン(2017年/独・ベルリン)
村松恒矢バリトン(2018年/伊・ローマ)
指揮:角田綱亮
管弦楽:東京フィルハーモニー
主催:文化庁 公益社団法人東京二期会

荒谷俊治様に心より御悔やみを申し上げます。

在研会の相談役であられる、荒谷俊治さまが、2020年1月1日にご逝去されました。
享年89歳。ご葬儀は近親者にて営まれ喪主はご長男の俊太郎氏。
広島県出身。九州大学在学中に活動を始められ、59年に東京放送合唱団の指揮でデビュー。
東京フィルハーモニー交響楽団、名古屋フィルの指揮者を経て、日本指揮者協会会長を務められ、
後年はアマチュア指導にもご尽力されました。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

› 続きを読む