在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

     

 

news

東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)2020年9月26日・27日
竹内孝次 2013年メディア芸術・アニメ―ション
東京アニメアワードフェスティバル(TAAF) 👈ここをクリック
92627日とTAAF2020のノミネート作品上映会を池袋・新文芸坐で行います。
劇場もコロナ対策に頑張っており、今のところ映画館で感染ということには
なっておりません。
このような時期お誘いするのも心苦しいのですが、もしよろしければご観覧ください。
フェスティバルディレクター 竹内孝次(在研会/メディア芸術理事)
令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」第3次募集9/12~30(更新9/12)

文化庁より、令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」が文化庁HP*動画ご案内あり。
https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/が9月12日更新されています。
Q&A(9月12日更新)を含めご確認をお願いいたします。
申請書書式(エクセル)について書式を予めダウンロード下書きができるようですのでご確認下さい。

詳しいお問い合わせは,コールセンター 0120-620-147 迄。(申請手続き対応体制を強化との事)
【10:30~17:00(土・日・祝日も対応しています(年末年始は除きます))】
詳細は、文化庁、事業特設サイトよりご確認ください。
【文化庁】https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20200706.html
【文化芸術活動の継続支援事業 特設サイト】https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

募集案内
事業概要
募集案内骨子
事前確認認定団体一覧
Q&A
入力事項(募集案内P18)記入イメージ

※オンライン申請受付開始(2020年7月10日)。
(簡易な手続き・審査)による申請が可能な
「活動継続・技能向上等支援A-①」標準的な取組を行うフリーランス等向け(上限20万円)
「活動継続・技能向上等支援A-②」より積極的な取組を行うフリーランス等向け(上限150万円)
「活動継続・技能向上等支援B」小規模団体向け(上限150万円)は別に事業計画書の提出が必要です。

*尚、在研生(芸術家)皆様が所属される分野について、各統括団体で「事前【確認証番号】」付与手続きが可能です。詳しくは各統括団体(*事前確認証団体一覧)へお問合せください。

*申請について(補足)。
●「消耗品」の10万円未満の計上(申請)は合計金額ではなく、個々の「消耗品:10万円未満」の合計で申請できます。
●PCR検査、抗原検査の費用も補助対象です。
●交通費等についても、車移動についての計上が可能になっています。
●補助金対象外経費の規定があり、当申請での補助金では成果物の販売は出来ません。

9月11日()に計3,027件を追加で交付決定
A-①2,038件(うち事前確認団体による確認が行われていたもの1,628件≒80%)
A-②895件(うち事前確認団体による確認が行われていたもの697件≒78%)
B90件
共同申請4件
*交付決定した累計件数は,8,008件(A-①6,490件,A-②1,367件、B141件、共同申請10件)前払い(概算払)を希望した方には10日以内にお支払い予定。今回決定に至らなかった申請については申請内容の事実確認中、とのこと。

*ご参考(9/11現在):各ジャンルごとの採択件数合計。
音楽  →  採択3,475件
演劇  →  採択2,022件
舞踏  →  採択575件
映画・アニメーション  →  採択205件
コンピュータその他の電子機器等を利用した芸術 → 採択44件
伝統芸能  →  採択260件
大衆芸能  →  採択503件
美術  →  採択494件
写真  → 採択86件
生活文化  →  採択8件
国民娯楽 → 8件
舞台スタッフ  →  採択328件
合計  → 採択8,008

*追記:春先のコロナ禍以降、現在海外にいる在研生もなかなかに混乱しておられますが、サポートしつつ進行しております。第二次補正予算による文化芸術活動継続支援事業のご案内です。https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/
すでにご存じのこととは思いますが、募集期間も後半を迎え、あらためてお知らせする次第です。手続き等面倒という声も聞きますが、在研経験者は概して事務処理に慣れておられますので、ぜひとも積極的に申請いただきたく周知へのご協力を宜しくお願いいたします。(文化庁・芸術文化調査官)

 

友滝真由 第340回仙台フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会2020.10.10

友滝真由 2017年:音楽・ヴァイオリン
第340回仙台フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会

日時:2020年10月10日(土)15:00開演(14:00開場)
場所:仙台銀行ホール イズミティ21・大ホール
出演:指揮:高関 健
ヴァイオリン:友滝 真由(第7回仙台国際音楽コンクール第3位)
プログラム
新型コロナウイルス感染症拡大防止予防ガイドラインに則って編成を縮小するため、
後半の曲目(マーラー:交響曲第1番 ニ短調 「巨人」)を下記の通り変更いたします。
バルトーク:ヴァイオリン協奏曲第2番 Sz112
ショスタコーヴィチ:バレエ組曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ヘ短調 作品10
・売り切れました。※チケット販売は仙台フィルサービスのみ。
※コロナウイルス感染症対策のため、座席は前後左右を空けた配席としております。
複数席をお求めの場合でも間隔をあけたお席でご案内させていただきます。ご了承ください。
お問い合わせ:仙台フィルサービス TEL:022-225-3934(受付:平日10:00〜18:00)
主催:公益財団法人仙台フィルハーモニー管弦楽団
友滝さまより:文化庁様の認可を頂き10月10日仙台フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会に出演させて頂きます。この困難な時代に演奏会で弾かせて頂ける事の有難さを心から実感しております。一人でも多くの方に喜んで頂ける演奏が出来るようにと今ベルリンで練習に励んでいます。歴代研修生の諸先輩の方々の様に素晴らしい芸術家になれるように精進あるのみ!です。

名取事務所「少年Bが住む家」10月23日~11月2日(下北沢小劇場B1)

森岡舞 2005年/演劇・俳優
名取敏行 2003年/演劇・アートマネジメント 名取事務所 https://www.nato.jp/
2020年10月23日(金)〜11月2日(月)
劇場:下北沢 小劇場B1
公演日時は細かくなっておりますので、チラシをご確認ください。
■10月31日の公演には手話通訳が入ります。
舞台手話通訳:立石聡子、金子郁美、水藤みつみ
舞台手話通訳監修:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)
※アフタートークの詳細は決まり次第HP等で発表致します。
新型コロナウイルス感染予防策のお願い,をご確認ください。

「DOMANI・明日展 plus」オンライン開催:2020.7.3~10.11

展覧会趣旨:この春以来のパンデミックで、国内外でつぎつぎに展覧会、芸術祭、アートフェア、公演の延期や中止に直面するなど、わたしたちは深い文化的な中断を体験しました。若手中堅美術家の支援を第一義とする「DOMANI・明日展」は、再び日常への一歩を踏み出す作家たちとの連帯、共感を示すべく、「DOMANI・明日展 plus」をオンラインで緊急開催することとしました。

本展は文化庁主催による、初のオンライン企画展となります。この技術・メディアに親和性のある手法を用いる研修経験者7作家、さらにゲスト作家として青山悟を招き、いまの日本のアクチュアルな、かつ国際的にひらかれた表現と言葉をいち早く発信していきます。

本展のサブタイトルを「〈前夜〉を生きる」としました。わたしたちは今年1-2月「DOMANI・明日 2020展」のサブタイトルを「傷ついた風景の向こうに」として、20世紀以降の大きな自然、人為的災害の「あと」を現代作家の表現にみる試みを行いました。しかしながら、その開催中からコロナ禍の「予兆」に遭遇することになりました。わたしたちは「災後」だけでなく次の「災前」を――災害と災害の「あいだ」を生きている。それを「〈前夜〉を生きる」という言葉に込めて、参加作家に投げかけます。

また、展覧会ウェブサイトはオンラインならではの特性を活かしつつ、現実の美術展体験とも重なり合うようなデザインを目指します。それはこれからの美術表現の発信と共有をめぐり、さらなる可能性をさぐる試みでもあります。なお、その構築も在研経験のあるデザイナーを含むチームで臨みます。
国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちが、未曽有の「ロックダウン」状態のアートシーンに遭遇するなかで準備した試みにご期待ください。

開催概要
会期:2020年7月3日(金)~ 10月11日(日)
主催:文化庁
キュレイション:林 洋子(文化庁・芸術文化調査官)
観覧料:無料
URL:online.domani-ten.com
出品作家
小金沢健人(1974年生【2001年(3年研修)・ベルリン(ドイツ)】)
奥村雄樹(1978年生【2012年(1年研修)・アントワープ(ベルギー)】)
山本篤(1980年生【2018年(1年研修)・フエ(ベトナム)】)
田村友一郎(1977年生【2012年(1年研修)・ベルリン(ドイツ)+ロンドン(イギリス)他】)
山内光枝(1982年生【2014年(短期研修)・ミンダナオ(フィリピン)】)
加藤翼(1984年生【2014年(2年研修)・シアトル(アメリカ)】)
やんツー(1984年生【2013年(1年研修)・バルセロナ(スペイン)他】)
青山悟(1973年生、ゲスト作家)
*【】は文化庁新進芸術家海外研修歴
2021年度 文化庁「新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集(8月3日締切)

2021年度 文化庁「新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集開始
芸術家等を対象に、海外の芸術団体や劇場等での実践的な研修を行う機会を提供する制度(長期研修)の募集が開始しました。研修開始日は、原則として令和3(2021)年9月1日~令和4(2022)年3月31日の間に日本を出発する日とし、日本到着日が終了日となります。
なお、募集に関する詳細は、下記サイトより募集案内をご確認ください。
【応募締切】2020年8月3日(月)消印有効
http://www.zaikenbunka.go.jp/wp-content/uploads/2020/06/r3chouki.pdf

 

 

› 続きを読む