在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

     

 

news

文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」新規募集:11月25日(水)~12月11日(金)17時

文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」(文化庁HP更新:11月12日)
新規募集→11月25日(水)~12月11日(金)17時(予定)

詳しい内容については、文化庁HP事業概要と新着情報をご確認下さい。

*11月20日付にて、事業HPの「よくあるご質問」が更新されていますので、
下記URLをご参照下さい。
https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/
解説動画、入力項目イメージ等についても順次更新されるとの事です。

新規募集の募集案内が公開されました。
■新たに申請をされる方
■すでに申請された方、とでは、手続きが異なります。ご自身の状況にあわせて、募集案内をご確認ください。

11月12日更新:■第1~3次募集に申請いただいた方へ■
第3次募集までに申請いただいた事業について、額の増額を伴わない事業実施期間の延長については令和3年2月28日まで可能となります。
事業実施期間の延長をご希望される場合は、実績報告時に併せてお知らせください。
なお、令和2年11月1日(日)~令和3年2月28日(日)の期間において、
新たな取り組み(追加したい経費)を申請したい方は、事業実施期間の変更ではなく
『募集案内Ⅱ(既申請者用)』をご確認いただき、当該期間の新たな取り組みについて申請ください。

*以下ご留意下さい

◎既申請者の取り扱いについて
・事業実施期間の延長に伴い、既申請計画の補助額が150万円以下である場合には、既申請計画の変更を認め、
差額分(10万円以上)を上限に、11月1日以降の計画として申請を可能とする。
※ A-①(20万円以下)の申請を行った者について、補助額が合計20万円を超える場合は、
A-②として申請することとします。
◎事業実施期間  令和2年11月1日(日)~ 令和3年2月28日(日)
Ⅰ.事業が終了し精算が終わっているもの
補助額上限:150万円から交付済額を引いた額を上限とする。
Ⅱ.交付決定後、精算が終わっていないもの
補助額上限:150万円から交付決定額を引いた額を上限とする。
Ⅲ.交付決定に至っていないもの
補助額上限:150万円から申請額を引いた額を上限とする。

◎申請期間 新規募集:令和2年11月25日(水)10:00~令和2年12月11日(金)17:00(予定)
※受付は締切日まで常時行い、予算の上限に達し次第、募集を締め切るとのこと、ご注意ください。

◎本事業の事務局(お問合わせ先)
独立行政法人日本芸術文化振興会 令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」事務局
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1 セレスティン芝三井ビルディング13階
【新規募集の問い合わせ】0120-234-156(フリーダイヤル)
【その他の問い合わせはこちら】0120-620-147(フリーダイヤル)
営業時間10時30分~17時00分

以下、ご注意下さい
【事業実施期間】令和2年2月26日(水)~令和3年2月28日(日)
※ただし、期間を延長しても、現在の補助金申請額を上回ることはできません。期間のみ変更される場合、実績報告時にお知らせください。
※第1次~第3次募集に既に応募された方が、令和2年11月1日(日)~令和3年2月28日(日)の期間に新たな取組を実施される場合は追加申請が可能です。【マイページ停止期間(予定)】令和2年11月22日(日)11:00~令和2年11月25日(水)10:00
※マイページでの申請内容の修正、実績報告の提出等ができません。

 

在研通信2020秋号を発行しました

在研通信2020年秋号を発刊・発送(11月19日)させて頂きました。
*在研生の方でご住所変更等で届かない方はご一報ください。
*追加ご案内
日下部直起様(2004年/美術・油絵)P.6
「2018年フィレンツェ3人展」のご説明です。
→ 2018年「La luce nel tempo Ⅲ」Accademia delle Arti del Disegno(Firenze)会場風景
*お詫び
会費納付会員(2020年度)についてご納付済ながら未記載があり、深くお詫び申し上げます。
(次号在研通信にて記載させて頂きます)
奥田昌史様(1988年/音楽)、藤田彩歌様(2016年/音楽)

 

平川滋子 小品展 numART 企画 11/8~30


平川滋子 2003年/美術・造形

谷貝文恵展 2020年11月9日(月)~14日(土)銀座ぎゃらりいサムホール

谷貝文恵 2004年/美術・洋画

 

 

安喜万佐子 カオス・フロム・オーダー<時の庫>2020年10月17日~12月6日

安喜万佐子 2014年/美術・絵画
会期:2020年10/17(土)~12/6(日)
開館:12:00~19:00(月・火曜休館)
会場:京都場 kyotoba
(京都市中京区西ノ京南聖町6-5)

同時開催「安喜万佐子展」
オーダー・フロム・カオス<明日の地層>
2020年10/27(火)~11/14(土)
galerie16(京都市東山区三条通白川橋上ル石泉院町394、戸川ビル3F)
 

 

森尾舞/名取事務所「少年Bが住む家」10月23日~11月2日(下北沢小劇場B1)

森岡舞 2005年/演劇・俳優
名取敏行 2003年/演劇・アートマネジメント
名取事務所 https://www.nato.jp/
2020年10月23日(金)〜11月2日(月)
劇場:下北沢 小劇場B1
公演日時についてはチラシをご確認ください。
*10月31日の公演には手話通訳あり。
舞台手話通訳監修:NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク(TA-net)
※アフタートーク「韓国演劇について等」
10月23日(金)/10月25日(日)/10月28日(水)
新型コロナウイルス感染予防策のお願い,をご確認ください。

› 続きを読む