在研会

文化庁芸術家在外研修員の会「在研会」とは…

文化庁の新進芸術家海外研修制度は、「各分野の芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野について研修する機会を設けることによって、わが国の芸術文化の振興に資する」という趣旨に基づき、昭和42年に発足しました。第1回派遣(1967年)では美術、音楽、舞踊、演劇の4部門から各1名が派遣されたこの制度は、その後年々発展を遂げ、今日では数多くの新進芸術家が海外で研修に励んで、わが国の芸術の土壌に新たなる滋養を注ぎつづけています。この制度発足当初は、研修を終えて帰国した後は研修員同士何の繋がりもなく、互いの消息も分らないままの状態が続いていました。しかし、ジャンルの異なる芸術家同志が刺激しあうことも必要ではないか、それにはこの制度で研修してきた芸術家たちが横の繋がりを持ち、芸術の発展により深く寄与してはどうかということで、昭和62年、当時の文化庁長官の仲介を預かって「文化庁芸術家在外研修員の会」が誕生しました。

在外研修員のみなさまの帰国後のネットワークとして、昭和62年(1987年)に活動を開始。様々な分野でご活躍の芸術家達の異分野交流の場、個々人相互のご活動の情報発信と収集の場として活動しています。年数回の「在研通信」の発行と、年次総会・懇親会の開催に於いて、派遣年次や専門分野を超えた研修員同士の交流を促進しています。総会では、新入会員の方々の帰朝ご報告や会員の近況報告を賜り、懇親会では各部門の発表の場を用意しています。なお、在研会は会員皆さまの年会費を基に運営を行っています。

  • 文化庁の新進芸術家海外研修制度とは…

    文化庁では、我が国の将来の文化芸術の振興を担う人材を育成するため、各分野の若手芸術家等に海外で実践的な研修に従事する機会を提供し、研修する際の渡航費・滞在費を支援しています。
    新進芸術家海外研修制度への応募の詳細は、文化庁のウェブサイトでご確認下さい。

    →「芸術文化」→「世界に羽ばたく新進芸術家等の人材育成」→令和2年度募集要項 御確認

    令和2年度度新進芸術家海外研修制度(長期研修)募集中⇒令和2年度募集は終了しました。http://www.zaikenbunka.go.jp/

 

news

朝日新聞記事より…2020.5.28(木)第二次補正予算案の発表他。


 

木原正徳展ー野のかたちー 2020年5月21日(木)~30日(土)


木原正徳 2008年/美術・絵画
期間:2020年5月21日(木)~30日(土)
会場:ギャルイ・サロンドエス(東京都中央区銀座6-3-2)
   TEL:03-3571-3321
*このような時期の開催、心苦しいばかりです。ご案内のみ。
…東京都下では5月26日から緊急事態宣言の解除が行われましたのでご紹介申し上げます。
在研生の皆さまの個展やご活動情報について、状況をみながらご紹介させて頂きたく存じます。

「舞台芸術に特化した貴重な支援情報サイト」のご案内(5月29日更新)

新型コロナウィルスによる各種の自粛休業に関連して、舞台芸術に特化した貴重な支援情報サイトをご案内します。
随時更新(応募期間等)されていますので、ぜひご参照ください。
https://help-performing-arts.info/

  • 愛知県 文化芸術活動応援金
    • 国の持続化給付金が支給される県内の文化芸術関係の法人、個人が対象。交付額は定額で、法人20万円、個人10万円。申請開始時期は未定。

 

 

演劇は生きる力・演劇/ミニシアター(映画)/ライブ(音楽)緊急支援 #WeNeedCulture

演劇関係者及び映画関係者を始め、日本演出者協会、日本劇作家協会、日本劇団協議会、始め日本舞台監督協会等の舞台関係団体が、国、および地方自治体、そして民間の篤志家の皆様に向けて、
演劇団体への緊急支援をお願いする要望「演劇の灯を絶やさないために、演劇の未来のために緊急支援を!」への署名を集めています。
現在約25000名(5月18日)余りが集まっています。更に多くのご賛同(署名)が必要です!
ぜひ、舞台芸術関係者・舞台スタッフの方々、観客や支援者のみなさま、劇場関係者みなさまへ拡散してください。
《演劇緊急支援プロジェクト参加団体》に当協会も参画しております。(全25団体)

要望①
今回の事態が戦後最大の危機であるという認識に立って、今年度の第二次補正予算を組み、文化芸術振興議員連盟が緊急決議した「文化芸術復興基金」を起ち上げ、専門機関で個々の芸術ジャンルの特質に対応した資金援助、助成を行うようにすること。この支援システムの策定に際しては、演劇関連団体の意見を踏まえること。また運営機関へ意見反映にも務めること。
要望②
東京都等の関係自治体での感染拡大防止協力金等の支援を演劇等の公演・イベントや民間劇場も対象事業とすることとすること。
また地方公共団体独自の支援策を講ずるとともに、前項の基金への拠出も検討すること。
要望③
この基金制度が確立するまでは、演劇芸術を愛し、その継続を願う民間の財団、企業家等からの寄付を受け入れる。
(…続きは演劇は生きる力・演劇緊急支援 HPで)
*呼び掛け文(劇団協議会・日本演出家協会・劇作家協会)演劇は生きる力。

Webページ開設!!
演劇緊急支援プロジェクトWebページでは、劇場・劇団など団体の皆様もご賛同を受け付けています。
呼びかけ人・賛同者の映像、コメントを掲載しております。 ぜひご覧ください!

5月21日(木)16:00-17:30
Webシンポジウム #WeNeedCulture 文化芸術復興基金をつくろう
5月22日(金)リレートーク開催 19:00~24:00

 

「アートにエールを!東京プロジェクト」のご案内(5月15日のお報せ)

「アートにエールを!東京プロジェクト」のご案内
※同サイトから…予定数を大きく超えるお申し込みをいただき、個人登録の受付は5月15日18時をもって一旦終了いたしました。ご了承ください。 今後については今回の反響を踏まえ、改めて検討いたします。とのお報せです。

東京都は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響から、活動を自粛せざるを得ないプロのアーティストやスタッフ等を対象とする芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト」の概要を発表しました。Web 上で 配信する動画作品を募集し、専用サイトで配信するとともに、制作されたアーティストやスタッフ等に出演料相当として一人当たり10万円(税込、1作品につき上限100万円)を支払うというもの。
*注意)
応募資格は、都内居住または都内を主な活動拠点にしていることで、事前に特設サイトからの個人登録が必要です。概要、募集要項・応募規約等は以下のサイトから。https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/bunka/katsu_shien/0000001441.html

【募集人数】4,000 人程度
【応募期間等】
(1) 個人登録 2020年5月15日(金)~5月31日(日)
(2) 企画応募 2020年5月20日(水)~6月12日(金)

文化庁「文化芸術関係者に対する支援情報窓口」のご案内

文化庁HPサイト「文化芸術関係者に対する支援情報窓口」
がリニューアルされていますので、ご案内します。
文化庁ウェブサイトに設けられている、新型コロナウイルスの影響を受ける「文化芸術関係者に対する支援情報窓口」のページが、
4月24日付でリニューアルされました。窓口に寄せられた質問等がQ&Aで紹介されています。
随時、更新されていますので最新情報をご確認ください。https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/2020020601.html

› 続きを読む