杉山幸代 東京文化会館 ウエルビ-イング のご案内

杉山幸代 2007年/音楽アートマネジメント

2019年より東京文化会館の包摂・連携担当係長として着任し、在外研修員として英国で学んだことをようやく日本の現場で具現化できるようになりました。
https://www.t-bunka.jp/about/on_stage.html

また、コロナ禍ではありますが、在外研修時代から着想していた公演も実現することができました。
https://www.t-bunka.jp/stage/4766/

コロナ禍はアート界に甚大な影響を及ぼしておりますが、このような非常時においてこそ、公立文化施設は社会の文化的灯台でありつづける必要があること、安心安全な環境で、あらゆる人がアートにアクセスできる場や方法を提供し続けること、そして、アートを支える全てのプロフェッショナルたちの職を生み出し続けることの重要性と、その社会的使命の重さに改めて気がつきました。アートで人々のウェルビーイングを促進し、人々の心身の幸福度を増幅するためになにができるのかこれからも在外研修員の名に恥じないように精進してまいりたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

文化庁第3次補正予算「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業」説明会より

この度、コロナ対策として本年1 月に成立した第3 次補正予算について、文化庁を招いての説明会が開催され、文化芸術関係団体への支援事業(ARTS for the future! 250 億円)やアートキャラバン事業(70 億円)などのご説明がありました。
■文化庁による第3次補正予算に関する説明会 (日時:3 月30 日(⽕)16:00〜18:00/ 於芸団協)
詳細については「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の充実支援事業」PDFをぜひご参照ください。

2021年3月30日 | カテゴリー : news, topic | 投稿者 : zaikenkai

安喜万佐子展記録冊子『Future Willing 2020 安喜万佐子 ‘Chaos from Order, Order  from Chaos’』

安喜万佐子 2014年/美術・絵画

安喜万佐子展記録冊子『Future Willing 2020 安喜万佐子 ‘Chaos from Order, Order  from Chaos’
世界中の美術館やギャラリーで作品鑑賞の制約が続いている状況を受け、
2020年安喜万佐子展の肌触りをお伝えすべく、学芸員やジャーナリストの言葉を集録した記録冊子が、
日本語版・英語版で刊行されます。
企画・発行塩田京子 (ギャラリー 16)  https://www.art16.net  問い合わせ先: info@art16.net
*在研通信2021年・春号にて 『Future Willing 2020…』→の2000が誤記でございました。
深くお詫び申し上げます。
2021年2月28日 | カテゴリー : news, 美術 | 投稿者 : zaikenkai

東京アニメアワードフェステイバル2021 2021.3.12(fri)~15(Mon)

竹内孝次 2013年/メディア芸術・アニメーション

TOKYO ANIME AWARD FESTIVAL 2021
会期:2021年3月12日(金)~15(月)
会場:池袋地域の映画館、豊島区庁舎他
(チラシ表の下欄ご参照)
主催:東京アニメアワードフェステイバル実行委員会、
一般社団法人日本動画協会/
共済:東京都/特別共催:豊島区
*東京アニメアワードフェスティバルとは、クリエイター、アニメーション関係者、ファンが一体となる日本を代表する国際アニメーション映画祭です。

 

在研通信2021年・春号の発刊のご案内 2021年2月25日

在研会会員及び、海外研修員のみなさまへ。

コロナ禍、大変な経験を皆様この1年体験されていることと存じます。
在研会の年2回の在研通信の発行に際し、在研生(海外研修員様)との音信を続けております。
この度、大変な中でご協力くださいました研修生の方々より、2020年から現在のご活動について、
貴重なご寄稿を掲載させていただいております。
1年余り続いている地球上のコロナ禍に於いて、身の引き締まる体験を共有できますこと、真摯に受け留めております。
住所ご登録研修生様へは、近々にお手元へ届く予定です。宜しくお願いいたします。

在研会理事長(小川幹雄)
*表紙の水仙の写真は、皇居「北の丸」清水門の内堀で、初春に咲く水仙とその周りの土手を撮影しました。
コロナ禍中でも、生物の命は、土のなかから気丈に芽吹いています。(事務局)

DOMANI・明日展2021(第23回目) 2021.1.30~3.7 国立新美術館


DOMANI ・明日展2021 2021年1月30日(土)~3月7日(日) https://domani-ten.com/2021/

出品作家  
大田黒 衣美 1980年生 現代美術【2018年(1年研修)・ドイツ(ベルリン)】
利部 志穂  1981年生 現代美術、彫刻【2016年(2年研修)・イタリア(ミラノ)】
笹川 治子  1983年生 現代美術【2019年(短期研修)・ドイツ(ライプツィヒ、ドレスデン、ベルリン、デュッセルドルフ)】
髙木 大地  1982年生 絵画【2018年(1年研修)・オランダ(ハールレム)】
新里 明士  1977年生 陶芸【2011年(1年研修)・アメリカ(ボストン)】
春木 麻衣子 1974年生 現代美術、写真【2017年(1年研修)・フランス(パリ)】
山本 篤   1980年生 現代美術、映像【2018年(1年研修)・ベトナム(フエ)】
竹村 京・鬼頭 健吾
1975年生 現代美術【2004年(3年研修)・ドイツ(ベルリン)】・
1977年生 現代美術【2009年(2年研修)・ドイツ(ベルリン)】
袴田 京太朗 1963年生 彫刻【1994年(1年研修)・アメリカ(フィラデルフィア)】
*【】は文化庁新進芸術家海外研修歴

第12回 稜の会 RYO-NO-KAI 東京展2021年2月17日(水)→23日(火・祝)日本橋高島屋S.C.本階6階美術画廊

久野和洋 1991年/美術・洋画
志村節子 2006年/美術・洋画 他

東京展 2021年2月17日(水)→23日(火・祝日)
日本橋高島屋S.C.本館6階 美術画廊
大阪展 2021年3月10日(水)→16日(火)
高島屋大阪店6階 美術画廊
名古屋展 2021年3月31日(水)→4月6日(火)
ジェイアール名古屋タカシマヤ10階 美術画廊