在研会の年間活動

平成29年度 年間活動予定

日時 平成29年度 活動予定 場所
2017年6月28日 平成29年度 第1回理事会 日比谷松本楼会議室
2017年6月28日 平成29年度 第31回総会&懇親会  日比谷松本楼会場
7月下旬 平成29年度 在研通信夏号発行(発送作業) 外部委託
8月3日~8月14日 文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年事業/美術分野50周年記念展ー美術部門ー「洋画」「日本画」「版画」 日本橋高島屋8階ホール
新居浜市美術館他全4会場
10月13日~22日 文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年事業/
演劇分野&舞台美術等分野の公演&シンポジウム
 下北沢小劇場B1
10月14日~20日 文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年記念事業/映画分野映画祭&シンポジウム 横浜ジャック&ベティ
10月31日 文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年記念事業/音楽分野コンサートとシンポジウムの夕べ  東京文化会館小ホール
10月31日 文化庁新進芸術家育成事業・中間報告  文化庁育成係
12月上旬 平成29年度 在研通信冬号発行(発送作業) 外部委託予定
2018年1月24日・1月25日 文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年記念事業/舞踊分野シンポジウムと映像の夕べ(1/24:在研生による舞踊公演)  劇場東京両国シアターΧ
2018年2月1日 文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年記念事業/美術分野シンポジウム/平成29年度 新年会 日比谷図書文化館ほか
  • 2018年度の会費と納付銀行口座のご案内
    2018年度の年会費は、2018年4月1日~2019年3月31日迄の1年分となります。年会費は5000円です。
    年2回の通信発行(製作・発送費)、定期総会の会場費、及びHPの更新等、皆様の在研会活動を支える

    原資となります。納付のご協力を、宜しくお願い申し上げます。
    お振込み口座を下記にご案内します。通信発送時にはゆうちょ銀行の振込用紙を同封いたします。
    在研会へのご入会の皆様には、研修派遣年度から会費を受け付けております。

    三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店
    口座番号:(普通)0400078
    口座名:文化庁芸術家在外研修員の会
    ゆうちょ銀行
    記号:10020   
    口座名:文化庁芸術家在外研修員の会
  • 2018年度に新たに派遣される方、また2017年度以前に派遣された方でまだ未加入の方もご入会登録を申し受けております。
    1 )派遣年度 2)派遣先(国・都市名)3)専門分野 4)ご氏名・住所・電話・Email、を
    「お問い合わせ」ページより在研会へお申込みください。

報告

西岡まり子/Duo Marz サクソホンとパーカッションの二重奏 2022.7.10(日)14:00~トーキョ―コンサーツ・ラボ

西岡まり子 2006年/音楽・打楽器

公演日:2022年7月10日(日)14:00~(開場:13:30)
会場:トーキョ―コンサーツ・ラボ

   東京都新宿区西早稲田2-3-18AVACOビル1階
お問い合わせ:090-8795ー9785(西岡)
料金:一般3000円、学生2000円(当日500円プラス)

第49回 現代舞踊展 7月9日(土)・10(日)メルパルクホール(東京都港区芝公演)

萩谷京子 1979年/舞踊・現代舞踊
柳下規夫 1983年/舞踊・モダンダンス
田中いづみ 1985年/舞踊・モダンダンス
仲間恵子 1992年/舞踊・モダンダンス
中條富美子 2002年/舞踊・モダンダンス
松永茂子 2011年/舞踊・現代舞踊
江上万絢 2018年/舞踊・現代舞踊  他

公演日:2022年7月9日(土)18:15開演(開場:17:45)/10日(日)18:00開演(開場:17:30)
会場:メルパルクホール(東京都港区芝公園2-5-20)
TEL:03ー3459ー5501

 

第75回女流画家協会展 2022年6月7日(火)~13日(月)/ 東京都美術館

第75回記念女流画家協会展
会期:2022年6月7日(火)~13日(月)
会場:東京都美術館 ロビー階・1階
*出品者作品講評会:6月8日(水)13:30~15:00
*ワークショップ:6月11日(土)13:00~(予定)

馬越陽子:1972年/美術・洋画
村山きおえ:1982年/美術・洋画
遠藤彰子:1986年/美術・洋画

継岡リツ:2004年/美術・洋画
志村節子:2006年/美術・洋画
半那裕子:2007年/美術・絵画

「ARTS for the Future! 2」募集のご案内 2022年3月28日~

ARTS for the future! 2 (bunka.go.jp)
募集期間:2022.3/28~ (下記数字は累計)
申請件数 交付決定件数 不交付決定件数 取下げ件数 確認中
4月22日 1,338 8 1 1,329
4月28日 291 10 1,610
5月10日 2,093 26 2,066
5月18日 2,472 75 2,396
5月23日 2,695 182 2,512
5月31日 3,076 297 3 2,776

FAQ(AFFのホームページでもご確認ください)

◎説明会動画公開のお知らせ →ARTS for the future! 2 の制度全体について解説をしている説明会を収録した動画を公開しました。※募集要項(2022年3月1日 Ver.1.1)を基に説明しています。解説動画のページからご視聴いただけます。https://aff2.bunka.go.jp/movie/

補助の対象者
公演等の主催者である以下の(a)または(b)に該当する法人もしくは任意団体が対象となります。
(a)国内のプロの文化芸術関係団体
(b)国内の文化施設の設置者又は運営者
但し、2020年度の売上高が2019年度比20%以上減少していない営利法人は下記(1)充実支援事業の対象となりません。

対象となる活動
(1)充実支援事業
有料一般公開される公演や展覧会、映画の製作等であって、その更なる充実・発展を図る積極的な取組がなされているもの
(2)キャンセル料支援事業
緊急事態措置やまん延防止等重点措置、水際措置等により延期・中止せざるを得なくなった(1)の公演等

対象となる事業の期間 2022年1月1日から2022年12月31日までに実施される活動
補助対象分野 文化芸術基本法第8条から第12条に定める文化芸術分野とします。

補助金の額
補助金の額は、原則として、1団体あたり補助上限区分に応じて最大600万円~2,500万円となります。
  • 1団体は複数の公演等をまとめて申請できますが、申請して交付決定されるのは1回のみです。
  • 公演等の従事人員数、団体規模等を勘案した補助上限区分(600万円、1,000万円、1,500万円、2,000万円、2,500万円)があります。

但し、J-LODlive2やJ-LODの支援対象外である任意団体や美術館の企画展等のキャンセル料支援事業については、別枠とし、1公演当たり2,500万円(企画展等については1展覧会当たり2,500万円)を上限とします。(常設展は支援の対象となりません)

補助率
充実支援事業の補助率は、原則として定額補助となります。但し、2021年度(2021年4月から2022年3月)のいずれの月の売上高も前年又は前々年の同月比で30%以上減少していない(月次売上高が前年又は前々年比マイナス30%以上の月が全くない)営利法人は、補助率1/2となります。キャンセル料支援事業については定額補助となります。
※営利法人とは、株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、合同会社を指します。

募集期間 2022年3月28日(月)~ 予算消化の目途が立つまでの間、随時募集。

2022年5月31日 | カテゴリー : news, topic | 投稿者 : zaikenkai
› 続きを読む