文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ~文化庁更新2020.7.6

●第2次補正予算に伴う「文化芸術活動への緊急総合パッケージ」の更新(2020.7.6)
https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20200706.html

第2次補正予算の同支援について 文化庁WEBサイト
が更新されました。*募集案内PDF
お問い合わせは,コールセンター 0120-620-147 へお願いいたします。
【10:30~17:00(土・日・祝日も対応しています(年末年始は除きます))

(経緯)527日、令和2年度第2次補正予算案の閣議決定を受けて、文化庁ウェブサイトに、文化芸術関係者への支援(文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ)に関する資料が公開されました。本日6月12日に当法案が参議院でも可決され、第2次補正予算が決定いたしました。
支援策の概要
(1)標準的な取組を行うフリーランス等向け(活動継続・技能向上等支援A-①)
(2)より積極的な取組を行うフリーランス等向け(活動継続・技能向上等支援A-②)
(3 )小規模団体向け(活動継続・技能向上等支援B)
(4)中・大規模団体向け(収益力強化事業)
5月27日付けの新聞報道(朝日朝刊)、政府の2次補正予算案で支援総額が560億円規模となりまして、当舞台監督協会からのアンケートや呼びかけに対して大きな力になりました。感謝申し上げます。(損失額522億円規模の内、当協会からは約2億円、公演中止の5600回の中では約700回を計上しており、上記の要望書へ反映して頂いております。)

5月22日の [演劇に灯を…#WeNeedCulture]への当協会からも参画し、議員連盟を通じての三省(文化庁・経済産業省・厚生労働省)への直接の要望書提出により、
上記の詳細のメニュー案が出されております。
芸団協「文化芸術推進フォーラム」からの要望書提出により、上記の第二次補正予算案が公表されることとなりました。

5月20日、芸団協ではコロナ禍における実演芸術界への支援を国会や政府などに対し継続的に要望し、芸団協が事務局の「文化芸術推進フォーラム」は、甚大な被害を受けているフリーランスの実演家・スタッフや、芸術団体・事業者への国からの支援を求める要望書を、文化芸術振興議員連盟の緊急役員会に提出しました。
これを受けて同議連所属の与党議員が萩生田文科大臣と面会し、総額500億円規模の文化芸術救済支援策を要望するとともに、「文化芸術復興基金」の創設を訴えています。要望の実現に向けて、国会や政府内で審議(国会5月27日第2次補正予算)が行われれました。

「第33回総会」&「懇親会」のご報告 2019年11月22日(金)

   一般社団法人 文化庁芸術家在外研修員の会
<令和元年度>「第33
回総会」・「懇親会」開催のご報告

今年の年次総会を1122日(金)15:30~(受付15時~)に日比谷公園松本楼にて開催いたしました。
総会ご参加が全31名、懇親会へは、更に10名がご参加くださいました(残念ながら悪天候の影響もあり当日ドタキャンが9名となりました)。
文化庁参事官殿が3名ご参加くださり、懇親会冒頭でご挨拶を賜り、奥谷博特別理事の乾杯のご挨拶にて、
懇親会が和やかに開始されました。会場では、2017年研修生で今年ご帰国されたばかりの三原未紗子様のピアノ演奏、
2010年研修生でご活躍中の丸山奏様のヴィオラ演奏、を始めとして、
2017年ご帰国の田村陽子様のフラメンコの舞台のDVDの映写等を、ご自身の研修のご報告やこれからの抱負を交えてご披露頂きました。

また、メディア芸術の竹内孝次様(メディア芸術理事)から、今年フランスで繰り広げられたアニメーション・ブートキャンプご報告のDVD映写と、映画分野から浜野佐知様(映画分野副理事長)の、ロードショウ最中の「雪子さんの足音」と、女流映画監督特集(国立映画アーカイブ)のご紹介を頂きました。
また舞踊分野では邦舞でご活躍中の出雲蓉様の、国立能楽堂で公演された「鶴の声」の映像をご披露いただき、併せて、舞踊分野の髙瀬譜希子様の貴重な現代舞踊(海外公演)の映像をご案内を髙瀬多佳子様(舞踊分野副理事長)より賜りました。
音楽分野からは2017年の文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年記念事業にご参加l下さいました、天野加代子様のロシアでの永年のご活躍(名誉国民賞授章)のご報告を交え、コンサートDVDご紹介と、平野智美様のチェンバロの演奏(同上・同左)の映像のご紹介をし一言ご挨拶を賜りました。

若い研修生様と、50周年を超えての先輩諸氏や他ジャンルの芸術家の皆様との交流の機会となりましたら大変嬉しく存じ
理事長及び事務局として、皆様のこれからのご活躍を、心より祈念しております。
また当日DVDの映写に際し、傍でご協力ご支援くださいました、竹内孝次様砂川幸子様に、心より感謝申し上げます。拝

*追記:10月末に一斉に往復葉書にて総会懇親会のご案内しますが、お手元に届かない方は、
ご住所がご変更の為にお届けできず、当会へ戻ってきています。ぜひご一報ください。
一般社団法人 文化庁芸術家在外研修員の会
理事長 小川幹雄

*ご住所が変わっておられる研修生の方は、事務局迄ぜひお知らせください。
e-mail:zaikenkai2013@gmail.com
「在研通信2019年・秋号(2019年10月23日発行)」を同時に
お手元に配布しております。今回も大変貴重な研修生様のご寄稿が満載です。

 

柳澤紀子展 2019年9月9日(月)-21日(土)養清堂画廊

  
柳澤紀子 1992年 美術/版画
会期:2019年9月9日(月)~21日(土)11:00~19:00
会場:養清堂画廊(東京都中央区銀座5-5-15)03ー3571-1312
*対談:9月14日(土)15:00~16:30「イカロスの詩(うた)-失墜と飛翔と」
徐京植氏(作家・東京経済大学図書館長)×柳澤紀子氏

舞台技術者のための横断的総合研修 2019年8月26日~27日

 
舞台技術者のための横断的総合研修「中級」開催!受講者を募集しています。
(東京会場)8/26(月)~8月27日(火)/10:30~17:50(27日16:10迄)
*芸能花伝舎(地下鉄丸の内線・西新宿駅より徒歩5分)
*申込み先:一般社団法人 舞台技術者連合事務局/bgr.jim@gmai.com/080-8816-5803
講師:西川信廣/1986年 演劇・演出、草加叔也/1989年 舞台美術等・舞台美術、
服部基/1994年 舞台美術等・舞台照明、平井徹/2015年 舞台美術等・舞台監督、他
(連合会長:沢田祐二/1969年 舞台美術等・舞台照明、連合監事:小川幹雄/1985年 舞台美術等・舞台監督、連合事務局 立田雄士/2001年 舞台美術等・舞台照明、堀内真人/2003年 舞台美術等・舞台監督 )

令和元年度 新進芸術家海外研修制度研修員説明会のご報告(2019.7.1)

 

2019年7月1日、文化庁参事官(芸術文化担当)付文化創造係主催による、
令和元年度の研修員説明会が文部科学省講堂にて開催されました。
宮田長官殿の研修員へのお言葉から始まり、研修制度の詳細と危機管理サポートのご説明の後、
在研会理事長より、研修生皆様の研修成果をお祈りし、在研会のご紹介と、
今後の研修員同士の交流の場(総会懇親会や通信等)についてご案内いたしました。

近年ご帰国の3名の研修生OBの方々からは、渡航に向けてのアドバイスのお話を賜り、説明会後は、
専門分野別、派遣国(都市)別のグループに分かれて、研修員OBと新研修生との懇談会が行われました。
各々の自己紹介から始まり、在研会からも舞踊・音楽(声楽)・メディア芸術・舞台美術等のOBにご参加いただいて、
計7名のOBを交えて研修生皆様の熱心な質問やアドバイスが飛び交い、時間を延長しての、
熱気あふれる懇談会となりました。
これから来年春に向けて令和元年の研修生が旅立たれることとなります。
今年11月下旬予定の総会懇親会にご出席くださる研修員様と相まみえることを期待しつつ、
在研会としてエールを送りたいと存じます。*在研会へのご入会ご案内についてお問合せよりご用命ください。

すずきじゅんいち ”アラフォーの挑戦 アメリカへ”2019年4月6日~全国順次公開!

 

すずきじゅんいち 1990年 映画・映画監督
アラフォーの挑戦 アメリカへ 2019年4月6日~ロードショウ
新宿K’scinema(JR新宿駅 東南口側 03-3352ー2471)2019年4月6日~19日
横浜ジャック&べテイ(京急黄金町駅 045-243-2471)20194月13日~26日

JATDT60周年 日本舞台美術家協会展 2019.3.26(火)-31(日)東京芸術劇場


舞台美術展JATDT60
開催期間:2019.3/26(火)~31(日)
10:00 ~20:00(最終日15時迄)
会場:東京芸術劇場5階ギャラリー1・2
地下1階アトリエウエスト
主催:日本舞台美術家協会
*入場無料
*同時開催!伊藤熹朔 賞展

舞台美術等・舞台美術: 高田一郎1968年/太田創1982年/伊藤保恵1994年/伊藤雅子2003年/佐々波雅子2015年/ 他
*在研生の舞台美術家の方で、ご出展の皆さまのお名前をお知らせください。(info@zaikenkai.org)