「DOMANI・明日展 plus」オンライン開催:2020.7.3~10.11

展覧会趣旨:この春以来のパンデミックで、国内外でつぎつぎに展覧会、芸術祭、アートフェア、公演の延期や中止に直面するなど、わたしたちは深い文化的な中断を体験しました。若手中堅美術家の支援を第一義とする「DOMANI・明日展」は、再び日常への一歩を踏み出す作家たちとの連帯、共感を示すべく、「DOMANI・明日展 plus」をオンラインで緊急開催することとしました。

本展は文化庁主催による、初のオンライン企画展となります。この技術・メディアに親和性のある手法を用いる研修経験者7作家、さらにゲスト作家として青山悟を招き、いまの日本のアクチュアルな、かつ国際的にひらかれた表現と言葉をいち早く発信していきます。

本展のサブタイトルを「〈前夜〉を生きる」としました。わたしたちは今年1-2月「DOMANI・明日 2020展」のサブタイトルを「傷ついた風景の向こうに」として、20世紀以降の大きな自然、人為的災害の「あと」を現代作家の表現にみる試みを行いました。しかしながら、その開催中からコロナ禍の「予兆」に遭遇することになりました。わたしたちは「災後」だけでなく次の「災前」を――災害と災害の「あいだ」を生きている。それを「〈前夜〉を生きる」という言葉に込めて、参加作家に投げかけます。

また、展覧会ウェブサイトはオンラインならではの特性を活かしつつ、現実の美術展体験とも重なり合うようなデザインを目指します。それはこれからの美術表現の発信と共有をめぐり、さらなる可能性をさぐる試みでもあります。なお、その構築も在研経験のあるデザイナーを含むチームで臨みます。
国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちが、未曽有の「ロックダウン」状態のアートシーンに遭遇するなかで準備した試みにご期待ください。

開催概要
会期:2020年7月3日(金)~ 10月11日(日)
主催:文化庁
キュレイション:林 洋子(文化庁・芸術文化調査官)
観覧料:無料
URL:online.domani-ten.com
出品作家
小金沢健人(1974年生【2001年(3年研修)・ベルリン(ドイツ)】)
奥村雄樹(1978年生【2012年(1年研修)・アントワープ(ベルギー)】)
山本篤(1980年生【2018年(1年研修)・フエ(ベトナム)】)
田村友一郎(1977年生【2012年(1年研修)・ベルリン(ドイツ)+ロンドン(イギリス)他】)
山内光枝(1982年生【2014年(短期研修)・ミンダナオ(フィリピン)】)
加藤翼(1984年生【2014年(2年研修)・シアトル(アメリカ)】)
やんツー(1984年生【2013年(1年研修)・バルセロナ(スペイン)他】)
青山悟(1973年生、ゲスト作家)
*【】は文化庁新進芸術家海外研修歴

東京アニメワードフェステイバル(TAAF)2020年3月13日(金)~16日(月)中止のお知らせ

竹内孝次 2013年 メディア芸術・アニメーション
(2020.3.2)313日〜16日のTAAF2020はコロナウィルスの感染防止のため取り止めとなりました。今後はコンペティション応募作品の審査をきちんと行い、その結果をみなさんにお知らせすると共に、後日上映の道を探ります。また、功労賞、AOY賞の表彰も、みなさんの生活が落ち着いたところで、形式を変えて行えればと望んでおります。コンペ作品の上映会は行なえるようするつもりです。東京アニメアワードフェスティバルを、今後ともよろしくお願いします。みなさまが一日も早く、普通の日常を取り戻せるよう願っております。

(2020.3.18)今回の中止にあたっては、多くの方々にご迷惑をお掛けしただけでなく、私自身も、打つ手がないことによる、大きな失望を感じました。そんな中にあって嬉しかったのは、協力を約束してくれた映画館や会場の方々が、文句のひとつも言わず、『大変だったね、頑張ってくれ』と励ましの言葉をくれたことです。劇場での鑑賞を楽しみにしていたという知人たちからも、労いの言葉を貰いました。ありがとうございます。でも、まだTAAF2020は終わってません。

 東京アニメアワードフェスティバル
フェスティバル・ディレクター:竹内孝次
(2020.2.17)TAAF2020は、今年も313日(金)〜16日(月)という日程で開催予定ですが、その中の一部門であるコンペティション部門を中心に、アニメーションの現場で働く方々に是非観て頂きたいプログラムがあります。本年のコンペティション部門には、長編4作品、短編32作品がノミネートされています。様々な技法を駆使し、豊かな表現で魅了する作品、熱いメッセージが込められた作品と、どこを観てもご満足頂ける作品群になっていると思います。
●詳細は以下のプログラム一覧ページをご覧ください
 

東京アニメアワードフェスティバル 2019年3月8日~11日(池袋会場)

竹内孝次 2015年/メディア芸術・アニメーション

いつもお世話になっています。
私がフェスティバルディレクターを務めている東京アニメアワードフェスティバル
3月8日~11日まで池袋で開催されます。
https://animefestival.jp/screen/all/

お時間があれば、どうぞお越しください。

東京アニメアワードフェステイバル2018 3/9(fri)~12(mon)in池袋

    竹内孝次 2013年/メディア芸術・アニメーション

東京アニメアワード・フェステイバル2018
http://animefestival.jp/ja/
会期:2018年3月9日(金)~12(月)
開催地:池袋
開場:池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、
シネマサンシャイン池袋、シネ・リーブル池袋、
新文芸坐、区民ひろば南池袋、サンシャインシテイ噴水広場
主催:東京アニメアワードフェステイバル実行委員会
一般社団法人日本動画協会
共催:東京都/特別協賛:豊島区

東京アニメアワードフェステイバル2018プレイベント11月7日


竹内孝次 2013年/メデイア芸術アニメーション
*上映会直後のトークショウ 竹内さんと友永氏「BUTA」総合監督
東京アニメアワードフェステイバル実行委員会事務局 黒田様司会

文化庁海外派遣監督の映画祭10月15日上映会
「おじいさんのランプ」
「BUTA」他「TAAF短編作品(上記参照)」
が横浜シネマジャック&ベテイで上映されました。
人間の生活の営みの中のひとこまで、
忙しい中で忘れかけている大事なことを思い出させる
とても深い、心温まるテーマが沢山ありました。
11月7日竹内さんのトークスペシャルに、ぜひ!お越しください。(梶原支配人様。本当に有難うございます!)

東京アニメアワードフェスティバル 3月10日(金)~13日(月)

竹内孝次 2013年 メデイア芸術(アニメーション)
3月10日(金)~13日(月)まで、東京・池袋にて「東京アニメアワードフェスティバル」を開催致します。
http://animefestival.jp/ja フェスティバルディレクター:竹内孝次
世界中から、長篇・短篇のコンペティション作品が集まり、特に短篇作品は技術も高く、
面白いものがたくさんありますので、ぜひ、ご鑑賞ください。
 教育系のパネルを無料で開催中!