令和元年度 新進芸術家海外研修制度研修員説明会のご報告(2019.7.1)

 

2019年7月1日、文化庁参事官(芸術文化担当)付文化創造係主催による、
令和元年度の研修員説明会が文部科学省講堂にて開催されました。
宮田長官殿の研修員へのお言葉から始まり、研修制度の詳細と危機管理サポートのご説明の後、
在研会理事長より、研修生皆様の研修成果をお祈りし、在研会のご紹介と、
今後の研修員同士の交流の場(総会懇親会や通信等)についてご案内いたしました。

近年ご帰国の3名の研修生OBの方々からは、渡航に向けてのアドバイスのお話を賜り、説明会後は、
専門分野別、派遣国(都市)別のグループに分かれて、研修員OBと新研修生との懇談会が行われました。
各々の自己紹介から始まり、在研会からも舞踊・音楽(声楽)・メディア芸術・舞台美術等のOBにご参加いただいて、
計7名のOBを交えて研修生皆様の熱心な質問やアドバイスが飛び交い、時間を延長しての、
熱気あふれる懇談会となりました。
これから来年春に向けて令和元年の研修生が旅立たれることとなります。
今年11月下旬予定の総会懇親会にご出席くださる研修員様と相まみえることを期待しつつ、
在研会としてエールを送りたいと存じます。*在研会へのご入会ご案内についてお問合せよりご用命ください。