「第33回総会」&「懇親会」のご報告 2019年11月22日(金)

   一般社団法人 文化庁芸術家在外研修員の会
<令和元年度>「第33
回総会」・「懇親会」開催のご報告

今年の年次総会を1122日(金)15:30~(受付15時~)に日比谷公園松本楼にて開催いたしました。
総会ご参加が全31名、懇親会へは、更に10名がご参加くださいました(残念ながら悪天候の影響もあり当日ドタキャンが9名となりました)。
文化庁参事官殿が3名ご参加くださり、懇親会冒頭でご挨拶を賜り、奥谷博特別理事の乾杯のご挨拶にて、
懇親会が和やかに開始されました。会場では、2017年研修生で今年ご帰国されたばかりの三原未紗子様のピアノ演奏、
2010年研修生でご活躍中の丸山奏様のヴィオラ演奏、を始めとして、
2017年ご帰国の田村陽子様のフラメンコの舞台のDVDの映写等を、ご自身の研修のご報告やこれからの抱負を交えてご披露頂きました。

また、メディア芸術の竹内孝次様(メディア芸術理事)から、今年フランスで繰り広げられたアニメーション・ブートキャンプご報告のDVD映写と、映画分野から浜野佐知様(映画分野副理事長)の、ロードショウ最中の「雪子さんの足音」と、女流映画監督特集(国立映画アーカイブ)のご紹介を頂きました。
また舞踊分野では邦舞でご活躍中の出雲蓉様の、国立能楽堂で公演された「鶴の声」の映像をご披露いただき、併せて、舞踊分野の髙瀬譜希子様の貴重な現代舞踊(海外公演)の映像をご案内を髙瀬多佳子様(舞踊分野副理事長)より賜りました。
音楽分野からは2017年の文化庁新進芸術家海外研修員制度発足50周年記念事業にご参加l下さいました、天野加代子様のロシアでの永年のご活躍(名誉国民賞授章)のご報告を交え、コンサートDVDご紹介と、平野智美様のチェンバロの演奏(同上・同左)の映像のご紹介をし一言ご挨拶を賜りました。

若い研修生様と、50周年を超えての先輩諸氏や他ジャンルの芸術家の皆様との交流の機会となりましたら大変嬉しく存じ
理事長及び事務局として、皆様のこれからのご活躍を、心より祈念しております。
また当日DVDの映写に際し、傍でご協力ご支援くださいました、竹内孝次様砂川幸子様に、心より感謝申し上げます。拝

*追記:10月末に一斉に往復葉書にて総会懇親会のご案内しますが、お手元に届かない方は、
ご住所がご変更の為にお届けできず、当会へ戻ってきています。ぜひご一報ください。
一般社団法人 文化庁芸術家在外研修員の会
理事長 小川幹雄

*ご住所が変わっておられる研修生の方は、事務局迄ぜひお知らせください。
e-mail:zaikenkai2013@gmail.com
「在研通信2019年・秋号(2019年10月23日発行)」を同時に
お手元に配布しております。今回も大変貴重な研修生様のご寄稿が満載です。